ProCube                                              sysmex


 

 2016年度 出展学会・展示会 一覧

学会名をクリックすると、ページ下の展示詳細にジャンプします。

開催期間 学会展示会名 内容 会場
2016年
5月11日(水)~13日(金)
第15回国際バイオテクノロジー展 BIO tech 2016
 
展示会
出展社による製品・技術セミナー
東京ビッグサイト
2016年
6月7日(火)~9日(木)
第16回日本蛋白質科学会年会
                 大会HP
併設展示
ランチョンセミナー
福岡国際会議場
(福岡)
2016年
6月29日(水)~7月1日(金)
第29回インターフェックスジャパン展示会
分析・物性研究/ITフォーラム
東京ビッグサイト
2016年
7月28日(木)~29日(金)
日本プロテオーム学会2016年大会
                 大会HP
ランチョンセミナー
展示
北里大学
白金キャンパス
2016年
9月25日(日)~27日(火)
第89回日本生化学会大会
                 大会HP
ランチョンセミナー
展示
仙台国際センター
(宮城)
2016年
9月28日(水)~30日(金)
第68回日本生物工学会大会
                 大会HP
ランチョンセミナー 富山国際会議場
(富山)
2016年
10月13日(木)~15日(土)
日本薬物動態学会第31回年会
                 大会HP
展示松本市総合体育館
(長野)
2016年
11月30日(水)~12月2日(金)
第39回分子生物学会年会
                 大会HP
ランチョンセミナー
展示
パシフィコ横浜
(神奈川)
2016年
12月1日(火)~3日(木)
日本薬学会第137年会
                 大会HP
展示 仙台国際センター他
(仙台)



国際バイオテクノロジー展 BIO tech 2016  
■展示会概要
日時
会場
2016年5月11日(水)~5月13日(金)
  10:00-18:00 (5月11日、12日)
  10:00-17:00 (5月13日)
東京ビッグサイト
西3ホール 受託サービスゾーン 5-42
展示内容   よい抗体は、よい抗原から!
   ■抗原抗体作製サービス
  抗原作製から抗体取得までワンストップコンサルティング!
  抗原作製/シスメックス
   カイコ発現系を用いたタンパク質受託生産 ProCube®   
  抗体作製/シグマ アルドリッチ ジャパン
    完全成功報酬制!モノクローナル抗体作製 A.A.A.

  
  研究成果をインブースセミナーやパネルで公開します。
  ご不明な点は、営業担当/学術担当が詳細説明いたします。
  事前にお知らせいただきましたら、面談のお席もご用意いたします。

  (ブースイメージ)


      


そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス
 カイコ‐バキュロウイルス発現系を用いたタンパク質受託生産です。
 充実の保証型タンパク質受託生産 ProCube®Wシリーズ
   
活性保証型は薬物代謝酵素P450、FMOなど20項目以上
   量保証型はFcγR、TNFαなど5項目 
  NanoDisc化タンパク質 納品実績あり!! NanoDisc化サービス
   "使える"膜タンパク質といえば"NanoDisc"という形   
 ☆当日ご予約特典☆
  BIO tech 2016期間中、タンパク質受託生産のお申込みでお得な特典が!
  ぜひ、この機会にお申込みください。

  わからない!?を解決します
   ■物性分析サービス

    創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
    超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
       超遠心分析は信頼性基準でも承っております!

■出展社による製品・技術セミナー
日時
場所
2016年5月11日(水)13:30-14:30
特設会場 EX-1
演題 カイコ発現系由来タンパク質を用いたモノクローナル抗体作製例
講師 シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社 宮西征揮氏
シスメックス株式会社 R&I事業本部  菅井睦美氏
講演内容 シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社とシスメックス株式会社は、今年度も共同出展いたします。
今年度は、2社の研究成果として抗体取得事例を紹介します。
7回膜貫通タンパク質(GPCR)を特異的に認識する抗体の取得や、薬物代謝酵素CYP3A4の活性を阻害する抗体の取得事例等を紹介予定です。


一覧に戻る



第16回日本蛋白質科学会年会   
■展示会概要
日時
場所
2016年6月7日(水)~6月9日(金)
   9:00-17:00 (6月7日、8日)
   9:00-16:00 (6月9日)
福岡国際会議場 2階 多目的ホール
展示内容 そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス
 カイコ‐バキュロウイルス発現系を用いたタンパク質受託生産です。
 充実の保証型タンパク質受託生産 ProCube®Wシリーズ
   
活性保証型は薬物代謝酵素P450、FMOなど20項目以上
   量保証型はFcγR、TNFαなど5項目 
  NanoDisc化タンパク質 納品実績あり!! NanoDisc化サービス
   "使える"膜タンパク質といえば"NanoDisc"という形

わからない!?を解決します
 ■物性分析サービス
 最先端の分析サービスで、創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
  ・超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
    超遠心分析は信頼性基準でも承っております!

■ランチョンセミナー概要
日時
場所
2016年6月8日(水)12:00-12:45
福岡国際会議場 E会場 413
演題 蛋白質製剤の凝集体分析と相互作用解析
講演者 株式会社ユー・メディコ      クラユヒナ エレナ  
     株式会社ユー・メディコのウェブサイトはこちら
講演内容 近年、がんや自己免疫疾患の治療を目的とした蛋白質製剤が数多く登場し、注目を集めている。高い薬効を示す蛋白質製剤であるが、幾つかの特有の問題点を持つ。例えば、製造、保管時の様々なストレスに伴い、蛋白質に化学修飾、変性といった構造変化が起こり、凝集体が発生することがある。こうした修飾、凝集体は、免疫原性の原因となり、副作用へとつながる可能性が指摘されている。
 
そのため、蛋白質製剤開発では、分散・凝集の適切な評価、そして凝集が起こりにくい安定な溶媒条件の探索が必須となっている。本セミナーでは、弊社が提供する凝集体定量分析の最新技術を紹介する。超遠心分析沈降速度法は、可溶性の凝集体の定量に有効で、サイズ排除クロマトグラフィーの検証に頻用されている。また、蛍光検出器を備えた超遠心分析装置であれば、血清中のような混合溶液中での分析も可能である。また、μmを超えるサイズの凝集体の評価に、従来の光遮断法に代わり最近用いられつつあるDigital Flow Imaging法を紹介する。
 
最後に、蛋白質間あるいは蛋白質-低分子の相互作用を非変性質量分析と水素重水素質量分析により解析した例を紹介する。



一覧に戻る



第29回インターフェックスジャパン   
■セミナー概要
日時
場所
2016年6月29日(水)14:20-14:50
東京ビッグサイト 分析・物性研究フォーラム会場 FO-1
演題 バイオ医薬品における凝集体分析
講演者 武田薬品工業株式会社 鳥 巣 哲 生 氏 
講演内容  近年、抗体医薬品をはじめとするバイオ医薬品が、その高い有効性から広く使用されている。たん白質凝集体はバイオ医薬品に含まれる不純物の一つであり、免疫原性を持ち重篤な副作用を引き起こす可能性があることから、その管理戦略の立案はバイオ医薬品を開発する上で必須である。

 たん白質凝集体はサイズによって分類することができ、USP<1787>では100 nm 未満、100-1000 nm、1-100 μm および100 μm 以上の4 種類に分類している。凝集体の分析は、凝集体のサイズに応じて複数の手法を用いて行う必要がある。バイオ医薬品の品質試験においては、100 nm 未満の凝集体をサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)によって分析するのが一般的となっている。しかしながら、SECでは分析中に凝集体が解離する可能性が指摘されており、FDA 等の規制当局はSEC 以外の方法を用いて100 nm 未満の粒子を分析することを要求している。SEC以外で100 nm 未満の凝集体を分析する手法としては、超遠心分析( Analytical Ultracentrifugation、AUC )が有力である。
 
 本発表では、各サイズ領域の凝集体分析について概説するとともに、抗体医薬品開発におけるAUCの活用事例、AUC 使用における注意点について報告する。



一覧に戻る



日本プロテオーム学会2016年大会   
■展示会概要
日時
場所
2016年7月28日(木)~7月29日(金)9:00-16:30
北里大学 薬学部 コンベンションホールおよび1号館
展示内容 そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス
 NanoDisc化タンパク質 納品実績あり!! 
  "使える"膜タンパク質といえば "NanoDisc"という形 
  NanoDisc化サービス もいかがですか?
  ご相談は無料です。学術担当者までぜひお問合せください。
   ☆ただいま、各種キャンペーン実施中☆

わからない!?を解決します
 ■物性分析サービス
 最先端の分析サービスで、創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
  ・超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
    超遠心分析は信頼性基準でも承っております!

■セミナー概要
日時
場所
2016年7月29日(金)12:15-13:10
北里大学 薬学部 白金キャンパス 新2号館2F
演題 創薬及び診断のためのキノーム解析用ペプチド・プロテインアレイ
講演者 九州大学大学院 工学研究院 片山 佳樹 教授
講演内容 薬物探索、薬効評価、投薬前診断などの疾患の診断においては、細胞機能の詳細な
指標が必要です。
今回のセミナーでは、細胞機能の決定主体である細胞内プロテインキナーゼの活性
をプロファイリングできるマイクロアレイについてご講演くださいます。

<<当日予約特典>>
 学会期間中にブースに来場し、予約表をご記入いただいた方を対象に特典をご用意しています。
 1件のお申込みにつき、
   新規生産サービスをご希望の方→→何とカイコ10頭分(通常5頭分)で生産します
   追加生産サービスをご希望の方→→オプションを1つ1万円(通常6万円~)でご提供します
                 

 プレゼントの配布は終了しました。



一覧に戻る



第89回日本生化学会大会   
■展示会概要
日時
場所
2016年9月25日(日)~9月27日(火)9:00-16:00 (最終日のみ16:40まで)
仙台国際センター 展示棟 NO.1ブース
展示内容 そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス
 NanoDisc化タンパク質 納品実績あり!! 
  "使える"膜タンパク質といえば "NanoDisc"という形 
  NanoDisc化サービス もいかがですか?
  ご相談は無料です。学術担当者までぜひお問合せください。
   ☆ただいま、各種キャンペーン実施中☆

わからない!?を解決します
 ■物性分析サービス
 最先端の分析サービスで、創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
 超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
    超遠心分析は信頼性基準でも承っております!
 ☆超遠心分析のカタログも展示ブースでご覧いただけます☆

■セミナー概要
日時
場所
2016年9月25日(日)12:30-13:20
仙台国際センター 会議棟2F 第3会場
演題 カイコ高発現系による医工連携研究
ウイルス外殻タンパク質か成るウイルス様粒子(VLP)の
工学的技術開発とワクチン製剤としての医療応用
講演者 東京医科大学 半田 宏 特任教授
埼玉医科大学 川野 雅章 講師
講演内容 これまで先生方ではバキュロウイルス発現系を用い、カイコ細胞からサルの
ポリオーマウイルスであるsimian virus 40(SV40)の主要構造タンパク質
VP1をウイルス様粒子(virus-like particle:VLP)として大量に調製する系を
確立されてきました。
そして、そのSV40 VP1の多機能性を利用し、様々な工学的技術開発を行い、
現在では、更なる展開としてVLPをワクチン製剤として実用化できるよう
研究されています。本講演では、その研究成果についてご紹介くださいます。   
       

         セミナー要旨広告はこちら

<<当日予約特典>>
 学会期間中にブースに来場し、予約表をご記入いただいた方を対象に特典をご用意しています。
 1件のお申込みにつき、
   新規生産サービスをご希望の方→→何とカイコ10頭分(通常5頭分)で生産します
   追加生産サービスをご希望の方→→オプションを1つ1万円(通常6万円~)でご提供します
                 
 プレゼントの配布は終了しました。

 


一覧に戻る



日本薬物動態学会第31回年会  
■展示会概要
日時
場所
2016年10月13日(木)~10月15日(土)
 10月13日 9:00-18:00
 10月14日 9:00-17:50
 10月15日 9:00-12:00
松本市総合体育館 NO.26ブース
展示内容 そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス

 薬物代謝酵素Cytochrome P450、FMOを受託生産
 in vitro代謝阻害試験や分子種同定試験などに利用しやすい安心の活性保証!!


 "使える"膜タンパク質といえば "NanoDisc"という形
 NanoDisc化タンパク質 納品実績あり!! 
 Cytochrome P450をNanoDisc化 →→→ 代謝活性あり!!
 NanoDisc化サービス もご紹介いたします


 学術担当者が、皆さまの研究に最適なプランをご提案いたします。
 ご相談は無料です。ぜひお問合せください。

       ただいま、各種キャンペーンも実施中!
     
        


わからない!?を解決します
 ■物性分析サービス 
   

 最先端の分析サービスで、
 創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
 超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
    ☆超遠心分析のカタログも展示ブースでご覧いただけます☆

<<当日予約特典>>
 学会期間中にブースに来場し、予約表をご記入いただいた方を対象に特典をご用意しています。
 1件のお申込みにつき、
   新規生産サービスをご希望の方→→何とカイコ10頭分(通常5頭分)で生産します
   追加生産サービスをご希望の方→→オプションを1つ1万円(通常6万円~)でご提供します
                 
 
 プレゼントの配布は終了しました。

一覧に戻る



第39回日本分子生物学会年会  
■展示会概要
日時
会場
11月30日(水)~12月2日(金)10:00~18:00
パシフィコ横浜 展示ホールB (小間番号 128)
展示内容 リコンビナントタンパク質生産サービス ProCube®
■新規生産ProCube®Tシリーズ/追加生産ProCube®Mシリーズ
 SECや透析、NanoDisc化などオプションも充実
 発現確認が完了しているタンパク質発現リストも更新中

■保証型タンパク質受託生産ProCube®Wシリーズ
 Fc受容体やサイトカインTNFαは量保証
 薬物代謝酵素Cytochrome P450、FMOは活性保証

フローサイトメーター/イメージサイトメーター
■フローサイトメーター CyFlow Cube6/8
 ソフトウェアの刷新によりユーザビリティ向上
 格段と使いやすくなったソフトウェアを実感してください。

■共焦点定量イメージサイトメーター CQ1  
 高速3次元イメージングにより集塊した細胞でもそのまま測定

非臨床 血液検査
■研究用血球計算装置 ProCyteDXリサーチ
 わずか全血30μL実験動物の血球を高い精度でフルオート測定。
 イニシャルコストを抑えた高精度・多機能血球分析装置です。

 

■ランチョンセミナー概要 組換えタンパク質の医療への応用
日時
会場
2016年11月30日(水) 11:55~12:45
第4会場(パシフィコ横浜)会議センター 3F 302
演題 産学医連携による簡易子宮頸がんワクチン反応測定キットの開発
演者 (公財)東京都医学総合研究所・ゲノム医科学研究分野
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合  芝﨑 太 先生
内容 高齢化社会を迎え、癌、生活習慣病や認知症患者の人口が急増しています。
この状況を打破するためには、予防医学の推進とともに、疾患を早期に診断し、
的確な薬効予測に基づく投薬で早期に完治する「早診完治」の確立が重要です。
先生はこれまでにも感染症を含む多くの疾患の次世代Point of Care Testing(POCT)
技術開発に取組んでいらっしゃいました。
この度、簡易子宮頸がんワクチン反応測定キットを開発されましたので、
その開発経緯や実用化における課題などについてご紹介くださいます。

※先生のご講演の前に弊社ProCube®サービスのご紹介をいたします。

■本講演の内容およびProCube®サービスに関するお問合せはこちら

詳しくはこちら お問合せはこちら

製品紹介

タンパク質受託生産/分析

リコンビナントタンパク質生産サービス ProCube®
そのタンパク質、あきらめていませんか?

■新規生産ProCube®Tシリーズ/追加生産ProCube®Mシリーズ

発現リストを更新中
発現確認が完了しているタンパク質発現リストからもご注文いただけます。
ヒト由来GPCR、ヒト由来SLCトランスポータにEGFRなどを追加しました。

■保証型タンパク質受託生産ProCube®Wシリーズ

物性分析サービス
わからない!?を解決します

最先端の分析サービスで、
創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
物性分析のカタログがシリーズで完成しました。
お問合せの多い等温滴定型熱量測定(ITC)もリリースしました。

資料請求・お見積りのお問合せはこちら

詳しくはこちら お問合せはこちら

 

フローサイトメーター/イメージサイトメーター

フローサイトメーター CyFlow Cube 6/8
ソフトウェアの刷新によりユーザビリティ向上


資料請求・お見積り・デモ等のお問合せはこちら

共焦点定量イメージサイトメーター CQ1
高速3次元イメージングにより集塊した細胞でもそのまま測定


 製造販売元:横河電機株式会社


資料請求・お見積り・デモ等のお問合せはこちら

詳しくはこちら お問合せはこちら

 

非臨床 血液検査

研究用血球計算装置 ProCyteDXリサーチ
イニシャルコストを抑えた高精度・多機能血球分析装置


製造販売元:IDEXX Laboratories Inc.


資料請求・お見積り・デモ等のお問合せはこちら

展示会場への入場には、年会への登録が必要です。
お問合せは、ご興味にある製品サイトより、お気軽にお問合せください。
 

一覧に戻る



日本薬学会第137回年会  
■展示会概要
日時
場所
2017年3月25日(土)~3月27日(月)  9:00~16:30
仙台国際センター 展示棟NO.24ブース
展示内容 そのタンパク質、あきらめていませんか?
 ■リコンビナントタンパク質生産サービス

 薬物代謝酵素Cytochrome P450のリストが充実!
   in vitro代謝阻害試験や分子種同定試験などに利用しやすい
   安心の活性保証!!


   ブースでもリストを配布いたします
     今すぐリストをご覧になる場合は、こちら→→→発現リストページ

    ProCube®サービスの内容はご存知ですか?
   新規生産は、お客様の遺伝子もしくは遺伝子情報をもとに
   カイコ5頭分から、タンパク質生産をいたします。
   用途に応じて、クルード品もしくはアフィニティ精製品から
   お選びいただけます。
   遺伝子構築作業も込みで、リーズナブル。
   約4週間で、タンパク質をお届けいたします。

   既にProCube®サービスでタンパク質発現をされている方なら
   カイコ10頭分から、皆さまの研究に必要な量を追加生産させて
   いただきます。
   回収量や回収率の向上のご提案もさせていただきます。
        

わからない!?を解決します
 ■物性分析サービス 
     

   最先端の分析サービスで、
   創薬から製薬までバイオ医薬品の研究・開発、品質管理をサポートします。
   超遠心分析、エピトープ解析、相互作用解析 など
       ☆超遠心分析やITCのカタログもご用意しております☆



 学会場では、営業担当もしくは学術担当が対応いたします。
 皆さまの研究に最適なプランをご提案いたします。
 ご相談は無料ですので、ぜひお問合せください。


 


一覧に戻る