sysmex


 

     bunnsekiNanoDisc化サービス開始のご案内aaaaaaa     

膜タンパク質を用いた研究をされている皆様、膜タンパク質の失活などでお困りではないでしょうか。
そんな皆様のために、シスメックス株式会社はNanoDisc化サービス
を開始しました。

NanoDisc化サービス ProCube®ONDは、目的の膜タンパク質をNanoDiscに挿入するサービスです。
"Nanodisc"はイリノイ大学 分子細胞生物学科のSligar教授によって開発された技術です。二重膜を形成したリン脂質を
MSP(Membrane Scaffold Protein)で固定したディスク状の粒子"Nanodisc"の内部に膜タンパク質を組込むことで、
タンパク質の構造や活性を保ったまま水系溶媒中で可溶化できる形にします。
膜タンパク質を天然に近い状態で可溶化するため、タンパク質間の相互作用解析などに最適です。

日本国内の企業でNanoDisc化サービスをご提供しているのは、ProCube®サービスのみ!(弊社調べ)
MSPは自社で調製しており、MSP1D1とMSP1E3D1の2種類から、タンパク質の分子量にあわせてお選びいただけます。
お困りのタンパク質はありませんか?お気軽にお問合せください!


NanoDisc化サービスProCube®OND 

flyer

flyer

お問合せは下のボタンからお願いします。たくさんのお申込みをお待ちしております。