給料ファクタリングを申し込む

おすすめの給料ファクタリングランキング

ファクタリングランキングはこちら

給料ファクタリングを利用するときに必要な書類

アレコレ

皆さんこんにちは。

今回は給料ファクタリングのお申し込みに必要な書類や審査に有利になる書類の紹介を今回はしていきたいと思います。

給料ファクタリングを申し込む前に書類を揃えておくことでスムーズに給料ファクタリングを申し込むことができますのできちんと準備しておきましょう。

給料ファクタリングを申し込む際に必要な書類は以下の通りとなります。

  • 身分証
  • 給料明細
  • 銀行通帳

それでは順を追って説明していくことにしましょう。

身分証

申し込み者と給料債権者の保有者が一緒であることを確認するための書類となります。
なお給料ファクタリングにおいて、有効と認められる身分証明書は以下のものになります。

  • 運転免許書
  • 住基カード(マイナンバーカード)
  • パスポート

原則として顔写真付きの身分証明書が必要となります。
保険証などは有効な身分証とは認められませんのでご注意が必要となります。
また学生証や在留証明なども身分証明書とは認められませんので注意が必要となります。

給与明細

申し込み者が本当に給与を受け取っているのかを確認するために給与明細の提出が義務となります。
ほとんどの給料ファクタリング業者は2~3か月分の給与明細が必要となります。
まれに給与明細がない会社から発行されないという方がいますが給料明細を受け取るのは労働者の権利です。
所得税法第231条第1項にて雇用者は支払い明細書を交付しなければならないと銘文されていますのでご用意がない方は会社に問い合わせてみましょう。

銀行通帳

給料ファクタリングをご利用する際には銀行通帳が必須となっています。
そのためご利用の際には、銀行通帳の入出金ページの写真が必須となります。
業者によっては印刷したものでも可能となりますので用意しておきましょう。
又ネットバンクのスクリーンショットも入出金の履歴にはかなり有効となります。
基本的には給与明細と同じく2-3ヵ月分を求められます。
銀行通帳の提出が必須である表向きの理由としては給料が支給されているか否かを確認するためとなります。
しかしながら実際には給料ファクタリング業者は以下のことを確認する傾向にあります。

  • 他ファクタリング業者の利用はないか
  • 申告による虚偽はないか
  • 闇金を利用していないか

上記の内容を見ています。
特に虚偽による申請などがあった場合はほぼ審査落ちするので正直に話したほうが審査を通過する確率は非常に高いです。

尚、お申し込みの際に通帳が見られたくないという人は給料ファクタリングは諦めたほうがいいかもしれません。

審査に有利になる書類

以下の書類は給料ファクタリングにおいて必須ではないですがあると審査に有利になります。

  • 名刺
  • 社会保険証
  • 公共料金などの支払い済み証明書

可能であれば用意しておきましょう。

アルバイトや派遣社員・個人事業主は審査を通りやすくするために以下の書類を別途でご用意しておきましょう。

即日で給料ファクタリングを利用するなら必要書類は予め必要

上記の必要書類はお申し込み後のご用意でも給料ファクタリングは利用することが可能となります。

しかしよりスムーズに給料ファクタリングを行うのであれば必要書類はあらかじめ用意しておきましょう。

必要書類をあらかじめ用意しておけばすぐに審査に移行すれば即日で買い取ってもらうことが可能となります。

又必要な書類などはラインやメールで送って提出します。

そのためご利用前には上記の必要書類は写真で撮っておくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました